オールインワンゲル使用時に、プラスアルファで使いたいもの

オールインワンゲルは、「たったひとつで数多くのスキンケア用品の役割をこなす」というスグレモノですが、では、「本当に、肌につけるのはオールインワンゲルだけでいいのか」というと、さすがにそうはいきません。

 

オールインワンゲルと合わせて使いたい「プラスアルファ」についてお話ししましょう。

 

UVケア用品の使用は必須!

オールインワンゲルというのは非常に多機能なスキンケア用品ではありますが、どうしてもカバーできないのが、「UVケア」としての役割です。

 

実はほとんどのオールインワンゲルには、しっかりとしたUVカットができる成分というのは配合されていません。

 

なぜ、UVカット成分が入っていないのかというと、UVカット剤は、どんな種類であれ肌への負担がある程度はかかってしまう、という傾向があること。
そして、夜間はUVカットをする必要はないため、朝晩どちらにも使うオールインワンゲルにUVカット成分を入れると、「夜に不必要な肌負担をかけるだけ」になってしまうからです。

 

また、UVカット剤がしっかりとした効力を発揮するには、それなりの「量」も必要になりますので、これをオールインワンゲルに入れるとなると、それこそ「1回の使用量がとんでもなく多い」という状況まで招いてしまうわけですね。

 

ですから朝のメイクの前に、オールインワンゲル+UVカット剤の利用は必須なのです。

 

ちなみにUVカット剤による肌への負担をできるだけ減らすには、「紫外線吸収剤不使用」「鉱物油不使用」の2点の条件を満たした、SPF20〜30、PA++ぐらいまでのものを選ぶといいですよ。

 

「もっと強力なUVカット力を持つものを選んだほうがいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、UVカット効果が高ければ高いほど、肌への負担も大きくなるのです。

 

心配しなくても、「炎天下の中での作業」などをすることもないのなら、このくらいの数値のUVカット剤+メイク時のパウダーファンデーションで、紫外線のカットはじゅうぶんできますよ。

 

オールインワンゲルの浸透性が不満な人に使ってほしいもの

念願のオールインワンゲルを買って使ってみたものの、どうしても浸透性に不満がある・・・という人は、オールインワンゲルの肌へのなじみを良くするための、「導入化粧水」を使ってみてはいかがでしょう。

 

導入化粧水は「ブースターローション」とも呼ばれるもので、浸透性が高く、素早く角質層まで届くのが特徴です。近年では、導入化粧水よりも美容成分を濃くした「導入美容液」というものもありますね。

 

導入化粧水や導入美容液は、「角質層まで、先に水分を行き渡らせる」ということで、その後につけるオールインワンゲルの成分を自然と角質層まで届くように誘導する「呼び水」としての役割を果たしてくれます。

 

特に、乾燥肌の人の場合、導入化粧水や導入美容液で、先に肌をある程度うるおわせておくことは、オールインワンゲルの効力を最大限に生かすのにとても役立ちますのでおすすめですよ。
導入化粧水や導入美容液の水分と有効成分も肌に閉じ込められるため、保湿がより長続きしやすい、という嬉しいメリットも得られます。