美肌に役立ってくれるビタミンはこれだ!

美肌に役立つビタミンと言えば、真っ先に思い浮かぶのはビタミンC。
そしてそのビタミンCは、果物や野菜に豊富に含まれている、ということはほとんどの人がご存知でしょう。

 

ですが、美肌に役立つビタミンは、ビタミンCだけではありません。まだまだ他にも、「積極的に摂取したいビタミン」というのがあるんですよ。

 

というわけでここでは、超メジャーな美肌ビタミンであるビタミンC以外の、おすすめビタミンをご紹介しましょう。

 

美肌に役立つ脂溶性ビタミン

ビタミンには、油によく溶ける「脂溶性ビタミン」と、水によく溶ける「水溶性ビタミン」とがあります。

 

まずは、脂溶性ビタミンの中から、美肌効果にすぐれたビタミンをご紹介しましょう。

 

まず最初におすすめしたいのは、ビタミンA(カロテノイド)。皮膚や粘膜の生成に欠かせないビタミンです。また、強い抗酸化作用も持っているため、老化の防止にも一役買ってくれます。

 

次に、肌荒れの発生を抑える役割を果たしてくれる、ビタミンEも大切な存在。

 

水溶性ビタミンであるビタミンCと、このビタミンA・Eをあわせて、美肌のための「ビタミンACE(エース)」という呼び名があるほどです。

 

ちなみにビタミンAが豊富な食品としては、レバー・うなぎ・あなご・モロヘイヤ・にんじんなどが挙げられ、ビタミンEは筋子やイクラ・いわし・たらこ・明太子・モロヘイヤ等に豊富に含まれています。

 

その他のおすすめの脂溶性ビタミン

おすすめの脂溶性ビタミンはこれだけではないですよ。
細胞に酸素と栄養を運んでくれるのは血液ですが、その血液の状態を良好にするのに役立ってくれるのが、ビタミンDとビタミンKです。

 

ビタミンDはアンキモ(あんこうの肝)・しらす干し・いわし・筋子・イクラ・カワハギなどに多く、ビタミンKは納豆やモロヘイヤ・春菊・かぶの葉・大根葉などに多く含まれています。

 

さて、こうして見ると、ビタミンA・E・Kにおいて、モロヘイヤの名が挙げられているのが分かりますね。

 

そう、モロヘイヤは「脂溶性ビタミンの宝庫」と言える存在なのです。

 

脂溶性ビタミンは、水に溶けないため「あまったら尿として排出する」ということができません。そのため、サプリメントなどでの過剰摂取をするとかえって害になってしまうこともあるのです。

 

脂溶性ビタミンを適切にきちんと摂取するためには、「モロヘイヤを日ごろの食事で食べるようにする」という形にしておきたいですね。

 

ちなみにビタミンDだけはモロヘイヤにあまり含まれてはいませんが、実はビタミンDに関しては「日光に多少当たれば、体内で勝手に合成してくれる」という作用があります。
ビタミンDの体内合成は、それこそ、手足が1日10分程度日に当たっている程度でも大丈夫、と言われていますので、よほど「日に当たらない」ということを徹底している人でない限りは、ビタミンDが不足する心配は「ほぼない」と言えるでしょう。

 

美肌に役立つ水溶性ビタミン

では次に、美肌に役立つ水溶性ビタミンを見ていきましょう。水溶性ビタミンの代表格であるビタミンCの美肌効果については言うまでもありませんから、それ以外の「注目すべき水溶性ビタミン」を見ていきましょう。

 

まず注目したいのが、ビタミンB群。その中でも特に、ビタミンB2とB6に注目です。
ビタミンB2は「皮膚や粘膜のためのビタミン」とも呼ばれているほどに、皮膚の状態を大きく左右するビタミンです。ビタミンB2が足りていれば健康的な肌状態を保てますが、不足すると肌荒れ、ニキビ・かゆみなどの肌トラブルが出やすくなるほどに、皮膚と深い関わりを持っているんですよ。

 

次にビタミンB6は、体内で分解されたアミノ酸が、たんぱく質として再合成されるのを強力にサポートしてくれるビタミンです。肌の主成分はたんぱく質ですから「肌作りそのもののサポートをしている」と言っても過言ではありません。
また、ビタミンB6には皮脂分泌コントロール作用もあり、ニキビの発生や肌の乾燥を抑える、といった作用もあるのです。

 

ビタミンB2はレバー・うなぎ・いかなご・筋子・納豆・まいたけなどに多く含まれ、ビタミンB6はマグロ・かつお・にんにく・鶏肉などに多く含まれています。

 

さて、最後にもうひとつ、「アトピー持ちの人」の美肌実現のためにおすすめしたい、水溶性ビタミンを紹介しておきましょう。

 

そのビタミンとは・・・ビタミンH(ビオチン)です。
アトピーの主要な治療手段と言えばステロイドですが、ビタミンHは、このアトピーの「補助治療手段」のひとつとして使われている存在です。炎症を抑制する作用があるということで、使われているんですよ。
医学の世界でも使われているほどのビタミンだからこそ、アトピーに悩んでいる人は、食べ物からもぜひ、ビタミンHをじゅうぶんに摂っておきたいものですね。

 

ビタミンHが多く含まれている食品としては、レバー・納豆・煮豆・卵などが挙げられます。卵については、特に卵黄の部分にビタミンHが集中して含まれているので、卵黄の大きな卵を食べるようにするといいでしょう。

 

ちなみに水溶性ビタミンは水に溶けるので「あまったら尿などで排出」ということが簡単にできるため、少々過剰摂取をしても害になるリスクが低いです。
ですから「食生活だけでの水溶性ビタミン摂取は、足りているかどうか不安がある」という人は、サプリメントを併用するのも、いいかもしれませんね。