スキンケア用品に配合する「油」は何がいい?

スキンケア用品の多くには「油」が使われています。化粧水や美容液ならノンオイルのものも多いですが、乳液やクリームなどには、必ず何らかの油分が含まれていますよ。

 

また、近年大人気を集めている「オールインワンゲル」なども、見た目はサラッとしたジェル状なので、油分が入っていないと思われがちですが、実際はオールインワンゲルというのは、化粧水・美容液・そして乳液やクリームの役割まで果たすという性質を持っているので、乳液やクリームには欠かせない油分が、オールインワンゲルにも含まれているんですよ。

 

ちなみに、スキンケア用品に含まれる油分は、何でもいいというわけではありません。その油の種類によって、肌に与える影響も違ってくるのです。

 

肌になじむ、おすすめの油はこれだ!

では、どんな油分を使ったスキンケア用品がおすすめなのかというと・・・

 

ズバリ、「スクワラン」です。
なぜスクワランがおすすめなのかというと、スクワランは人間の皮脂とかなり構造が似た油分であり、スッと伸びて肌へのなじみがバツグンにいい、ということ。
そして、油としての品質の安定度が高く、日に当たっても酸化しにくいのです。

 

皮脂に似た構造の油分としては、スクワランの他に「馬油」も挙げられます。
もちろん馬油も肌へのなじみは、スクワランに負けないくらい良いのですが、実は馬油には致命的な欠点がひとつあるんですよ。

 

それは・・・馬油は酸化しやすい油分である、ということです。
つまり、変質しやすい、腐りやすい性質を持っている、というわけですね。
これではちょっと、いろんなものが早く傷みやすい夏場などに使用するのは、不安が残りますね。

 

植物油も安全性が高い!

スキンケア用品に使われる油分の中には「オリーブオイル」「ナタネ油」「アボカド油」など、植物性の油分もあります。

 

これらの油分は、総じて「安全性が高い」という点で評価できますね。
なぜなら、人々が日ごろの食事で、普通に口にしているものばかりだからです。

 

早い話が「口に入ってしまっても安全な油」というわけですね。
もちろん先ほど挙げた動物油のスクワランも「サメの肝油」などのサプリメントとして、多くの人が長年口にしてきた実績がありますから、こちらも安全性が高い油分と言えます。

 

石油からできた油分「鉱物油」は避けよう!

では、スクワランや植物油など「口に入れても大丈夫な安全性を持っている油分」に対して、「安全性の面で不安な油分」は何かというと・・・
ズバリ、石油から作られる「鉱物油」と呼ばれるものです。

 

石油からできたものと言えば、身近なものではガソリンや灯油などが挙げられますが、あれを料理に使って、口にする気になれますか?・・・無理ですよね。

 

安価なスキンケア用品や粗悪なスキンケア用品には、ガソリンや灯油という名ではないものの、それらと同じ石油から作られた鉱物油が含まれていることも多いです。

 

スキンケアに配合される鉱物油は、以下のような成分名となっていますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

ミネラルオイル(流動パラフィン)
パラフィン(固形パラフィン)
ワセリン
セレシン
マイクロクリスタリンワックス

 

この中でも特によく使われているのが、ミネラルオイル(流動パラフィン)です。
「ミネラルオイル」という名称だけを見ると、ミネラル豊富で体に良さそうな油、という印象を受けますが、正体は石油を原材料とした鉱物油なんですよ。

 

これらの鉱物油成分が配合されたスキンケア用品を使う、ということは、極端に言えば「石油を顔になすりつけて浸透させる」というのと同じようなことだ、という事実を聞くと、それだけでゾッとした気分になりますよね。
ですから鉱物油成分がひとつでも入っているようなスキンケア用品は、避けたほうが賢明ですよ!