エタノール配合のスキンケア用品は乾燥肌を招く!

「暑い季節などは、使用感がスッと気持ちいいスキンケア用品を使いたい」などと考えて、エタノール配合のスキンケア用品を選ぶ人もいますが、本当に美肌を実現したいなら、エタノール配合のスキンケア用品を使うべきではありません。

 

なぜなら・・・エタノール配合のスキンケア用品は、乾燥肌を招いてしまうリスクが非常に高いからです。

 

エタノールの「スッとした感触」の瞬間に水分が奪われる!

エタノール配合のスキンケア用品で、なぜ乾燥肌になってしまうのかというと、エタノールが蒸発する際に、同時に肌の水分まで奪ってしまうからです。エタノールだけが蒸発するだけならいいのですが、肌の水分まで「巻き添え」にしてしまうわけですね。

 

これは、「注射時のコットン」を思い出してもらうと分かりやすいでしょう。
注射をする場所に、消毒のためのエタノールをたっぷりつけたコットンで肌を軽く拭くと、即座にエタノールは蒸発します。

 

それほど、エタノールの「蒸発・気化」はすごいのです。

 

もちろん、スキンケア用品は「100%エタノール」ではないですから、たとえエタノール配合のものを使ったとしても、それが即座に蒸発するわけではありませんが、「エタノール無配合のスキンケア用品と比べると、蒸発・気化しやすい、肌の水分を多少なりとも奪ってしまう」ということは間違いありません。

 

肌荒れ・アレルギーのリスクも上がる!

エタノール配合の欠点は、「乾燥肌を招く」というだけではありません。
エタノールの刺激が、肌荒れやアレルギーの発生を招いてしまうこともあるのです。

 

特に、アルコールアレルギーの人が、エタノール配合であることを知らずに使ってしまうと、かなり強いアレルギー反応が出てしまうこともありますよ。

 

乾燥肌・肌荒れ・アレルギーのリスクがあることを考えると、やはりスキンケア用品はエタノール不使用のものを選ぶのが正解、ということになるでしょう。

 

エタノールとフェノキシエタノールの違い

ところで、「エタノール配合のスキンケア用品は避けたほうがいい」という話になると、「じゃあ、似た名前のフェノキシエタノールはどうなの?」と疑問を持たれるかもしれません。

 

ですがこれはご安心を。エタノールとフェノキシエタノールは、性質が違う「別物」です。ですから「スッとした使用感」などのためにフェノキシエタノールが使われる、ということはなく、防腐など、エタノールとはまた別の作用目的で配合されているんですよ。

 

ではなぜ、こんなまぎらわしい名前になっているのかというと、「化学構造の中に『OH』というものを持つものは、分類上でアルコールと呼ばれる」というルールがあって、フェノキシエタノールの化学構造にも「OH」がついているため、「エタノール」という言葉がくっついている、というわけなんです。

 

ですから、「アルコールフリーのスキンケア用品に、フェノキシエタノールが使われている」というのは、決して「おかしいこと、矛盾したこと」ではないというわけです。